コラム

経営改善の近道!SFAトータルコンペアNAVI

コラムの記事一覧

クラウドへと進化を見せる営業支援ツール

営業成績を上げようと思うのであれば、徹底的な合理化を進めていく必要があります。従来のように、データも何も活用せずにひたすら足を動かすという営業スタイルでは通用しない時代です。少しでも営業マンの負担を減らすという意味においても、営業支援ツールを導入するのは正しい方法だと言えます。

営業支援ツールというのは、顧客情報や製品情報など、さまざまなデータを会社の外にいても知ることができる便利アイテムです。従来はノートパソコンで利用していましたが、最近はスマホで利用できるものが増えています。これを使えば、限りなく合理的な営業活動ができるはずです。

最新のツールは多くがクラウド対応という大きな進化を遂げています。クラウドタイプのものなら、外回りをしている営業マンとオフィスで働く社員との連携も取りやすくなります。リアルタイムに情報を更新し、共有することができるので、より無駄のない営業活動ができるようになっているのが特徴的です。これで営業マンも闇雲に足を動かさなくてもよくなりましたし、営業活動において発生する問題も改善がしやすくなりました。連絡回数も減らせるので、業務効率は大幅にアップします。営業成績を上げるためにはもはや必要不可欠なものだと言えるでしょう。


SFAの改善すべき課題

業務の効率化に大きく関わるのが情報の伝搬速度です。規模の大きさがどうであれ、企業は団体で仕事をしています。つまり、社員全員が的確に動かなければ業務効率が落ちてしまうと言うことです。社員が的確に動くためには情報を早く知らせる必要があります。「情報を共有する」と言う形で伝搬速度を向上させ、業務の効率化を支援するシステムがSFAです。

SFAは情報をクラウドサーバーなどに蓄積することで、どの端末からでもアクセスできるようにする物です。情報の更新も容易で、常に最新の情報を社員全体で共有できることが利点です。現在多くの企業がSFAを導入しています。しかし、SFAにも改善すべき課題があります。導入したにも関わらず、思うような成果が出ないと言う企業が多いからです。

SFAの課題の一つが操作性です。スタッフが情報入力に手間取り、結果的に情報共有が行えずにチャンスを逃すと言う自体がよく起こっています。これはリッチクライアントを利用すれば解決できます。リッチクライアントを使えばドラッグ&ドロップなどの簡単な操作でSFAを扱えるようになります。サーバーの処理の一部をクライアントが行うので、サーバーの負荷の軽減にも繋がります。


カテゴリー