セールスフォースの勤怠管理システム

経営改善の近道!SFAトータルコンペアNAVI

セールスフォース

セールスフォースの勤怠管理システム

セールスフォース社の勤怠管理システムは会社の規模や人数や社員の勤務体系に合わせて柔軟に仕様変更が可能なのが特徴の一つです。クライアントのことをきちんと調査打ち合わせを行ってから勤怠管理システムを構築していきます。

将来的に事業形態をホールディングス化したりしてもきちんと対応することが出来ます。人事管理担当者や経理担当関係者が毎月締日の後に追われていた勤怠チェックの作業がセールスフォース社のシステムを使うと本当に軽減されます。

ICカードやスマートフォンを使ったシステムは初期投資費用が意外と高くかかりません。勿論、すべての社員の勤怠データをエクセルなどのデータファイルに抽出してインポートすることも可能です。勤怠管理がこのシステムを使うとより正確により早く処理を行うことが可能となります。

口コミ情報

男性 ⁄ 30歳

インターネットの社会と言ってもよいほど、ビジネスでも日常生活でもインターネット関係の機器やシステムが活用されていますが、現実には本来の使い方がされているかというと疑問もあります。遊びや趣味としては良く利用されています。特にスマホが使われるようになってきてからは、爆発的な広がりを見せました。しかしビジネスなどの本来使われると非常に役に立つシステムは、あまり活用されているとは言えない状況もあります。特に中小企業は人材も少ないので、本来のシステムの意味と価値からの活用があまりできていません。

そのような時に顧客管理や営業支援のシステムを導入すると、営業や顧客管理が飛躍的に実行しやすくなり、システムも使いやすくなります。営業支援や顧客管理は必ずしなければなりませんが、インターネットを使用したシステムを導入する場合には、効率化をはかることができます。しかしそのこと自体がよく理解されていない場合が中小企業には多いということです。

その点セールスフォースのシステムは、中小企業から大企業まで利用されてきているので、体験的な信頼性が高いということや、セールスフォースのサイトを見ても、初心者にもわかりやすいように、デモまで用意されていて、誰でも使いながら状況を見ることができます。非常によくできたサイトで、疑問点もわかりやすく書かれています。その点も活用してみる価値があります。


女性 ⁄ 35歳

ビジネスにおいて、今やSFAの営業支援や、CRMの顧客管理のシステムを導入するのは、常識になっています。しかし問題は、どのシステムを導入すると自社の営業や顧客管理が向上するのか、良い成果が出るのかということです。導入はしたものの上手く利用することができずに、今までの顧客管理の使い方でシステムを無駄に利用しているという中小企業も多いようです。それは自社にあったそれらのシステムを導入していないからということも言えます。

そのためにはいちから導入の意味や価値、また自社が導入した場合にどのようなメリットがあるかや、障害は何かなどを、懇切丁寧に相談しながら教えてもらえる担当者のいるベンダーを選ぶということが必要になります。その入り口が、それらのベンダーのサイトです。これらを見て印象が良いとか、自社の担当者が見てもわかりやすいとかだと導入しても効果が発揮される可能性が高くなります。

セールスフォース・ドットコムはそのようなサイトになっていて、顧客の疑問点や不安などを、そのサイトの中で親切に書いてあります。例えばセールスフォース・ドットコムがどのような企業で業績を上げてきたかや、システムが導入されているかなどです。また動画などを多用し、システムのデモなども使えるようにしているというところも非常にわかりやすいということが言えます。そのようなところから検討をしてみると良いかもしれません。


カテゴリー